RSS Feed

脱毛部位によって痛みが違う?その理由とは

脱毛部位によって痛みが違う?その理由とは

2016年2月18日

まずは痛みが起こる仕組みを理解しよう

脱毛部位によって痛みの強さが違う理由を知る前に、まずは脱毛で痛みが起こる理由について知っておきましょう。
フラッシュ脱毛やレーザー脱毛といった今主流となっている脱毛方法は、ムダ毛のメラニン色素に反応して熱を与えるという作用のある光、またはレーザーをムダ毛に照射して脱毛する方法です。

脇の無駄毛処理の効果的な方法は

光とレーザーはをムダ毛に照射すると毛根部分に熱のダメージが生じ、それによって毛母細胞という、ムダ毛が生える原因になっている細胞が破壊され、活動を停止します。
するとムダ毛は時間が経つにつれ抜け落ち、また再生する能力もなくなっていますので、その後非常に長期間に渡り脱毛効果が持続するというわけです。
痛くなるのは光とレーザーによって生じる熱のためで、熱が伝わった毛根とその周囲の肌は言わば火傷のような状態になるため、一瞬ですが刺激を感じることになります。
熱が生じるのはメラニンが多く存在している部分のみであり、肌全体に照射したとしてもムダ毛がある部分にのみ熱の刺激が伝わりますので、肌全体が火傷を負うというようなことはまずありません。
こうしたメカニズムから、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛は安全で効果の高い脱毛方法として人気を高めています。

最も痛くなる脱毛部位とは

では、どの脱毛部位が一番痛くなりやすいのかというと、それはVIOゾーンです。
VIOゾーンは、ビキニラインと性器、肛門の周辺の総称です。
この部位が痛くなりやすいのは、光とレーザーが作用するために必要なメラニン色素の量が他の部位と比べて多いためです。
光tレーザーはメラニン色素に対して反応し、熱を与えるということは先程述べたとおりですが、伝わる熱の量というのもメラニンの量に比例して大きくなります。
毛量が多かったり、ムダ毛の質が太くてしっかりとしている場合、メラニンの量は多いです。
VIOは他の脱毛部位と比べ、ムダ毛が密集して生えている部位であり、また毛質もゴワゴワとしているため、メラニンの量はかなり多い部位です。
また性器や肛門の周辺に関しては皮膚の色素が濃くメラニンが大量に存在しており、皮膚に対しても熱のダメージが伝わりやすいことも痛みが強くなりやすい理由の一つです。
比較的肌への刺激が少ないとされるフラッシュ脱毛でもVIOに関してはかなり強い痛みを伴うことがありますので、その点はあらかじめ理解した上で施術をうけるようにしましょう。
レーザー脱毛の場合は麻酔が使用されることもありますが、ほとんどの場合別料金となりますのでカウンセリング時に確かめておくとよいでしょう。

脱毛はネット予約を取りやすいサロンで

ネット予約が取りやすい脱毛エステかどうかは、何度か利用してみないと判断が難しいです。
お試しコースの段階では、本契約前なので意図的に予約を取りやすくしているサロンが多いです。
しばらく様子を見るためにも、最初はローンを組まずに都度払いから始めたほうがいいでしょう。

ネット予約を取りやすいサロンのメリット

脱毛サロン選びでは技術力や料金比較も大切ですが、それらと同じくらい予約が取りやすいことが重要です。
手軽にネット予約を取れるサロンなら、自分の都合に合わせて通うことができます。
サロンへの足が遠のいてしまう原因としては、なかなか予約を取れないことがあります。
1年間にたった2回しか予約を取れず、有効期限を過ぎてしまったというケースもあるのです。

色素沈着した脇は諦めるしかないのか

有効期間内に何度も通えることをアピールされても、実際に予約が取れなければ意味がありません。
脱毛する頻度は毛周期に合わせる必要があるため、2〜3ヶ月に1回が好ましいのです。
脱毛サロンではお試しコースと本コースで、予約の取りやすさが変わってくるケースがあるので注意が必要です。
口コミや体験談を信用できない方は、都度コースを利用できるサロンを利用するべきでしょう。
都度コースを選ぶと、サロン側は回数をこなさないとお金になりませんから、どうにか都合して希望日に入れてくれるはずです。
ローン契約しか用意していない店の場合、契約したとたんに態度が変わってしまうことは実際にあります。
長期の高額ローンを組んだのに、施術を受けにくいという状況は避ける必要があります。

大手だとネット予約を取りやすいのか

大手の繁盛店だと、ネット予約を取りやすいと考えるかもしれませんが、規模はまったく関係ありません。
大切なのは客数に対して、十分な設備やスタッフが整っているかです。
大量に新規顧客を入れても、実際にはスタッフが全然足りていないというケースはあり、こうしたサロンは予約を入れにくいです。

脇の脱毛施術の効果を得るための期間とは

大手だから安心という言葉を信用してはいけませんし、WEBサイトの内容が100%本当とも言えません。
一番よいのは脱毛サロンを利用している友達を探して、生の声を聞いてみることです。

脇の毛の処理方法と注意点

ただ、脱毛はデリケートな問題なので、サロンに通っていることを正直に話してくれる方は少ないです。
結局のところは、やはりサロンにある程度通ってみて、ネット予約が取りやすいか確かめるしかありません。
契約前の段階ならば、店側もネガティブなことは口にしません。
サロンには2〜3回も通えば、店の本質が見えてきます。
それまでは都度払いコースを選んで様子を見てみるのもいいでしょう。
いずれにせよ、安易にローンを利用するのはよくありません。
ローン契約をしたとたん、予約が取りにくくなるケースもあります。
都度払いはサロン側にとっては嬉しくはありませんが、利用者にとってはベストな支払い方法なのです。

Get a Trackback link

No Comments Yet

You can be the first to comment!

Sorry, comments for this entry are closed at this time.